中農ホームページへようこそ! 〒243-0422
神奈川県海老名市中新田 4-12-1
電話046-231-5202 Fax.046-231-1599
学校概要
  校長挨拶
  学校概要
  沿  革
  学科紹介
  生徒数
  校歌
  進路・キャリア教育
  各種データ
  校内地図
いのちの尊重教育
学校生活
 

学校行事

生徒会
部活動
   運動部
   文化部・同好会
  農業クラブ
  専門研究部紹介
  図書室紹介
  各学科の様子
  園芸科学科
畜産科学科
  ・農業総合科 
  特別教育資格
リンク
神奈川県教育委員会
かながわ教育ビジョン
神奈川県まなびや基金
PLANETかながわ
「鎌倉」
世界遺産の登録を目指して
 
| 養豚部
養豚部は日々、豚の飼育管理や研究活動をとおし養豚にかかわる活動に励んでいます。近年は「ちゅのとん」プロジェクトを中心に環境にやさしくかつ6次産業化をも視野に入れた養豚を実践。これらに加え、近年は畜産科学科で飼育する動物たちを活用し「ふれあい動物園」を近隣園児、児童に開催するなど、動物介在活動も積極的に行っています。

「ちゅのとん」プロジェクト進行中!
 「ちゅのとん(Chuno-ton)」は(株)日本フードエコロジーセンター、(株)エスピージーフコク等との産学連携のもと、食品残さから生まれたリキッド発酵飼料や酵母発酵飼料で育てた、低コストでおいしくかつ環境にやさしい中農ブランド豚肉です。
 「ちゅのとん」は中農で生まれた元気な子豚たちを畜産科学科生徒が実習や部活等で手塩にかけて飼育。平成23年度から研究に着手し、現在では中農で生産する肥育豚のほぼ全頭が食品残さ飼料(エコフィード)により育てられています。飼育試験では、生産コストを大幅に削減しつつ、環境にやさしくおいしい豚肉生産に成功。現在は「ちゅのとん」をもっとおいしく、お手頃で環境にやさしい豚肉として確立すべく研究を進めています。
 一方で、「ちゅのとん」の地域販売や加工品開発、エコフィードや環境にやさしい畜産についてのPR活動も進めています。まずは(株)サイトウミートのご協力のもと「ちゅのとん」の精肉や「ちゅのとんのあらびきポークウインナー」「ちゅのとんのチャーシュー」を製品化し、学校の定期販売会や地域イベントで販売。また、平成24年度からは(株)利恵産業との連携により「ちゅのとん」を原料にしたハンバーグを(株)島屋で全国販売しています。
 これらの活動は各種コンクールや各種マスコミ等、多方面から高い評価をいただいています。

中農発「ふれあい動物園」を開催
 養豚部では3年生の専門科目「課題研究」とリンクし、畜産科学科で飼育するヤギ、ヒツジ、ウサギ、アヒルなどを活用し「ふれあい動物園」を開催しています。学校を訪れる近隣保育園児、小学生に、あるいは地域イベント等では地域の方々に、いのちの大切さとヒューマン・アニマルバンドについて、高校生自らの手で伝えています。

近年の主な活躍
・農業クラブプロジェクト発表会県大会最優秀、関東大会優秀(平成25年度)
・全国学校総合文化祭弁論部門出場(平成25年度)
・海老名市文化大賞、文化輝き賞(平成25年度)
・全国学芸サイエンスコンクール慶応義塾長賞、金賞(最優秀)(平成24年度)
・低炭素杯2013ファイナリスト(全国大会出場)(平成24年度)
・エコワングランプリ首都圏ブロック大会出場(平成24年度)
・毎日農業記録賞地区入選(平成24年度)
・海老名市文化会館「秋穫祭」出展(平成25年度)
・全国農業高校収穫祭出展(平成24年度)

マスコミでの紹介
テレビ東京、フジテレビ、神奈川新聞、東京新聞、タウンニュース等


最近の主な取り組み

「ちゅのとん」ハンバーグが高島屋お中元、お歳暮ギフトとして登場しました!
 「ちゅのとん」から生まれたハンバーグがお歳暮ギフトとして全国の(株)高島屋20店舗で発売されました。
 (株)島屋の食品売場や利恵産業(株)の食品加工現場、あるいは地域等から排出される食品廃棄物を小田急フードエコロジーセンターが環境にやさしいリキッド発酵飼料に加工。そのリキッド発酵飼料で育てた「ちゅのとん」を利恵産業(株)がハンバーグに。そして、再び(株)島屋をとおし全国の皆さんに提供する、そんな産・学連携による夢のリサイクル・ループを形にしたのが今回のハンバーグです。
 この「中央農業高校&莉惠のハンバーグセット」は高島屋お歳暮「人と地球に優しいギフト」の目玉として販売。平成24年お歳暮以降、これまで約2,000セット以上を販売し、全国の皆さんにおいしさと循環型社会に向けた熱いメッセージを届けることができました。

養豚部の取り組みが全国オンエア
 平成24年11月29日(木)、テレビ東京系の人気番組「ワールドビジネスサテライト」の冒頭で養豚部の取り組みが全国放送されました。また、TBS「Nスタ」(平成25年5月29日)、フジテレビ「スーパーニュース」(平成25年10月30日)等でも全国オンエアされました。

宮澤さん、第56回全国学芸サイエンスコンクール金賞、慶応義塾長賞!
 全国の小中高等学校から約10万点の秀作が集う日本でも屈指のコンクールである第56回全国学芸サイエンスコンクール、高校作文・小論文部門において、宮澤彩音さんが最優秀にあたる金賞を受賞。合わせて、数ある金賞の中でも特に優れた環境分野の作品に送られる慶応義塾長賞に輝く快挙でした。

低炭素杯2013ファイナリストとして東京ビッグサイトで発表
 次世代に向けた低炭素社会の構築をめざして全国各地で実施する企業や団体、学校やNPO等が一堂に会し、地球温暖化防止に関する地域活動を報告し、学びあい、連携の輪を拡げる一大イベント、低炭素杯2013。全国から1,000団体以上のエントリーの中、養豚部が40団体のファイナリストの一つに選ばれ平成25年2月16日(土)、17日(日)に東京ビッグサイトで日頃の研究・実践の成果を発表しました。

農業クラブ県大会最優秀、関東大会優秀
 平成25年度農業クラブプロジェクト発表区分環境において、養豚部の発表が県大会最優秀、関東大会優秀に輝きました。

海老名市文化会館「秋穫祭」でふれあい動物園、羊毛
 平成25年11月3日(日)海老名市文化会館で開催された「秋穫祭2013」で養豚部がふれあい動物園、羊毛細工教室を開催。日頃自分たちが学んでいる動物と私たち人間とのつながりについて、子どもたちやひろく市民の方々に考えていただく機会となりました。同時に「ちゅのとんのあらびきポークウインナー」や本校で生産した野菜等も販売し、大盛況となりました。

「ちゅのとん」とその加工品を地域販売
 「ちゅのとん」や「ちゅのとんのあらびきポークウインナー」等の加工品は月2回本校で行われる生産物販売会でも販売され人気です。なお販売は不定期で数に限りがありますのでご了承願います。




copyright (c) 2018 神奈川県立中央農業高等学校 All rights reserved