中農ホームページへようこそ! 〒243-0422
神奈川県海老名市中新田 4-12-1
電話046-231-5202 Fax.046-231-1599
学校概要
  校長挨拶
  学校概要
  沿  革
  学科紹介
  生徒数
  校歌
  進路・キャリア教育
  各種データ
  校内地図
学校生活
 

学校行事

生徒会
部活動
  農業クラブ
  専門研究部紹介
  図書室紹介
  各学科の様子
  園芸科学科
畜産科学科
  ・農業総合科 
  特別教育資格
リンク
神奈川県教育委員会
かながわ教育ビジョン
神奈川県まなびや基金
PLANETかながわ
「鎌倉」
世界遺産の登録を目指して






































 
| 畜産科学科トピックス (平成29年3月21日更新情報)

〜2年農業見学〜
畜産科学科2年生では授業の一環で農業見学を行いました。農業見学とは地域の農業施設や研究施設等を見学し、今後の専門教育の学習を深めるために各学科2年生で実施されています。  

今年度、畜産科学科では3つのテーマ(メガファーム・生産牧場・観光牧場)に分け、静岡県富士宮市内にある2軒の酪農家と観光牧場を訪問しました。最初に訪れたのは乳牛約50頭を飼育する佐野牧場です。周りを住宅に囲まれている中、衛生管理を徹底し、乳用牛の牧場では全国で初めて、衛生管理等を定めた「農場HACCP」の認証を受けた牧場です。乳牛が生産する生乳の乳質にこだわり、関東地区で乳質に関する検査では最優秀賞を受賞するなど、エサやりやこまめな掃除を心がけ、管理作業を通じて乳牛に対する愛情や美味しい牛乳を生産する想いなどの貴重なお話を伺うことができました。生徒たちからは最新の設備が整った牛舎を見て、学校の施設と異なる設備や道具、管理方法などに多くの質問がありました。次に訪れた牧場は朝霧メープルファームです。朝霧メープルファームは富士宮市北部に位置する朝霧高原の広大な敷地の中で乳牛約450頭を飼育する大規模な酪農の経営を行っています。朝霧メープルファームでは生産者として牛の立場を考え、スタッフのチームワークを活かし、効率的に作業を進めています。酪農を取り巻く現状や今後の経営に対する目標など酪農現場の生の声を聞かせていただきました。最後に訪れたのは、まかいの牧場です。観光牧場として「自然と動物とのふれあい」をテーマに自然の尊さを伝える使命、家畜を通じて学ぶ「食といのち」を分かりやすくスタッフの方に説明していただきました。本校でも農業クラブ・専門研究部に所属する生徒が多く、様々な場面で地域の小学校や保育園の子どもたちに食育やいのちの講座を実施しているので大変参考になるお話を伺うことができました。農業見学を終えた生徒からは「都市化が進む神奈川ではメガファームが無いので大規模な牧場は新鮮でした」や「観光牧場の役割や家畜を通じた教育など初めて知る機会となりました」など多くの感想が聞かれました。当日は学校で学べない実践的な酪農経営や先進的な取り組みを学ぶ有意義な時間となりました。
 
佐野牧場で説明を受ける生徒たち 佐野牧場の牛舎内の様子
朝霧メープルファームでは酪農に関する専門的な講義をしていただきました
まかいの牧場ではスタッフの方より実践的にレクチャーを受けました
牧場で記念撮影をしました!!




 

copyright (c) 2018 神奈川県立中央農業高等学校 All rights reserved