中農ホームページへようこそ! 〒243-0422
神奈川県海老名市中新田 4-12-1
電話046-231-5202 Fax.046-231-1599
学校概要
  校長挨拶
  学校概要
  沿  革
  学科紹介
  生徒数
  校歌
  進路・キャリア教育
  各種データ
  校内地図
学校生活
 

学校行事

生徒会
部活動
  農業クラブ
  専門研究部紹介
  図書室紹介
  各学科の様子
  園芸科学科
畜産科学科
  ・農業総合科 
  特別教育資格
リンク
神奈川県教育委員会
かながわ教育ビジョン
神奈川県まなびや基金
PLANETかながわ
「鎌倉」
世界遺産の登録を目指して











| 畜産科学科トピックス (平成29年10月20日更新情報)

〜農業と環境「稲刈り」〜
10月4日(木)、「農業と環境(1年)」では6月に田植えを行った稲の稲刈りを行いました。「農業と環境」では毎年、6月から稲作の栽培管理として播種・田植え・稲刈り等の実習を実践しています。生徒たちが栽培する品種は神奈川県の奨励品種の1つである「はるみ」です。甘味があり、モチモチした食感で一般財団法人日本穀物検定協会の平成28年産米の食味ランキングで特Aのランクを取得した今、話題の品種です。 6月、田植えで自分たちで植えた同じ稲を今回は稲刈りをしていきました。生徒たちは作業服を泥だらけにしながらも、大切に栽培した稲を一束ずつ手で刈りました。水田の中で長靴が抜けなくなってしまう生徒や転んでしまった生徒など慣れないながらも一生懸命に奮闘する姿が多く見られました。生徒からは「お米一粒一粒収穫する大変さが分かった」や「稲作栽培がよく理解できた」などの感想が聞かれました。刈った稲はもみと玄米に分けるもみすりや精米作業の工程を行い、生徒に販売する予定です。自らの手で栽培することで食の大切さを学ぶことができる実習となりました。
 
稲刈りをする生徒たち もみの重さを実感する生徒
収穫した稲を抱えて笑顔の生徒たち
BACK NUMBER
平成29年3月21日更新情報




 

copyright (c) 2018 神奈川県立中央農業高等学校 All rights reserved